FC2ブログ

異世界便り

〜日々のあれやこれ、サイト更新情報、雑記、ゲーム攻略など。〜
愛の行方 2019.10.09
怒りの矛先と想像力 2019.09.27
叩き潰してきたものたちの記録 2019.09.26
戻そうとして伸び悩む話 2019.09.25
件の彼の話 2019.09.24
手放したものを取り戻した時 2019.09.23
音楽の再開 2019.09.22

だめです。だけど歩いていきます。

先日書いたような、危惧していた通りの行動をして、危惧していた事態に陥っています。
本当にどうしようもない。
折に触れて、十数年振りに、人に向かって手紙を書きました。届いた後がものすごく怖いけれど、それでも溢れて止まらなかった言葉を綴りました。これでまた何かが変化すると思います。取り返しのつかないことになるかもしれません。

そう思ってしまうのは、十代の頃より積み重ねてきた自信のなさ故でしょう。
私は彼女たちの言葉に、自分一人で向き合うべきだったのでしょう。でもできなかった。
自分の傷を抉りかえし、心のままに言葉を流し続け、優しくて繊細な相手を酷く傷つけ、怒らせてしまった。そんな状態でも理性的に会話をしてくれるような人に、私はとんでもないことをしていた。
もうだめかもしれない。

オンオフ問わず、現在懇意にしている人たちの中に、ここを見ている人は一人もいないだろうから、敢えて使える場所になっているような気がします。盛んに呟いていたTwitterをここ数日お留守にしているのですが、私がいないことで変化するものと変化しないものがあるので、興味深いなと思いました。



8月に突如降ってきた新作の準備をしています。
私はまだ生きる気です。でも当分誰かの目につくような場所で何かを発信する気力はありません。タイムラインは時々追っています。
自分の発言が一切消えていて、透明になっている状態が限りなく清々しいと思っているのです。
そう、私がいなくても世界は回り続ける。
でも、答えは出ています。私がいないと私の人生は動かない。

もし全てがダメになっても私は血反吐を吐きながら歩いていくつもりです。

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marippe7.blog5.fc2.com/tb.php/1165-1374521a